上野、東京藝術大学大学美術館の雪村展と、東京都美術館のバベルの塔展に行ってきました。

「ゆきむら」ではなく「せっそん」です。戦国の世に現れた奇想の画家。光琳も惚れた独創的水墨画。って事で、会期終盤に観てきました。

雪村もブリューゲル展のボス・リバイバルも、破天荒でユニークな絵に、思わず吹き出しそうになりました。以前に先輩が、このタラ夫などのボスモンを、よく模写してたっけ!?これって今でもゲームキャラとして使えそうですw

超細密なバベルの塔は、立ち止まれない通過観賞方式なので、細部までじっくり観られません。みなさん現物よりも拡大図を観ていましたねw そういえば、大塚国際美術館には2枚のバベルの塔のレプリカが並んでいたので、そのとき細部までよく見れば良かったと後悔してます。

帰りに上野公園でやってた日本伝統文化フェスタで、焦がし明太子もちチーズお好み焼きと平泉の和からしソフトクリーム食べたら、めっちゃ美味かった( ゚¬゚ )v