香港国際空港に到着したら、まずは現地通貨をゲットしたいところです♪香港ドルは日本で両替し辛くレートも悪いので、現地で調達します。尖沙咀の街まで出て、レートの良い両替店で日本円を両替してもらう手もありますが、無一文で移動するのもやや不安です。なので空港内のATMでクレジットカードのキャッシングを利用する事にしました。金利手数料を含めても意外とお得です。おすすめのATMはシティバンク~日本語の操作ガイドが選べます(笑)

買い物や食事など、基本キャッシュレスで大丈夫そうなので、とりあえずHK$2000だけキャシング(HK$500×3とHK$100×5)しました。

香港で必需品の“オクトパスカード”は、現金で購入できます。ただ空港のカウンターには長い行列ができていたのでスルー♪先にエアポートエクスプレスで九龍駅まで行ってから、購入する事にしました。

“オクトパスカード”は、通常タイプ(HK$100+デポジットHK$50)が断然おすすめ!エアポートエクスプレス+MTR3日間乗り放題のトラベル用オクトパスもありますが、元を取るのが大変そうだし、何よりセブンイレブンやジュースの自販機で使う分を、別途チャージしなければなりません。

結局通常タイプの“オクトパスカード”も、MTRや自販機だけでは、HK$100全額を使い切れなかったので、残金とデポジットを九龍駅のカウンターで返金「リファンド、プリーズ♪」してもらいました(手数料HK$9)。

ちなみにエアポートエクスプレスは全席自由で、空港に直結しており改札もありません。あらかじめ30%OFFの乗車券を日本で購入しておくとお得です~九龍駅の対応改札で、メールで送られてきたQRコードをかざすと出られました♪

香港からマカオへは、コタイジェット(金光飛航)のフェリーを利用します。ホテルから近い九龍側のフェリーターミナルから出発する便[チャイナ・フェリーターミナル→タイパ・フェリーターミナル]は数が少なかったので、念のため日本で予約しておきました。出国手続きもあるので、1時間前にフェリーターミナルに行っておくと安心です♪

フェリーには“コタイクラス”と“コタイファーストクラス”があります。ファーストクラスは空席が目立ち、コタイクラスは中国大陸のツアー客で満席でした。

ファーストクラスは座席指定で席も幅広。2~4人のボックス席もあります。軽食も出るほか、優先乗降もできます。新しくなったマカオのタイパ・フェリーターミナルでは、待合室にクッションも置いてありました。いろいろと優遇されているのですが、なんといっても一番のメリットは、大陸のツアー客に囲まれなくて済む事かも(笑) 

マカオの入国審査を終えフェリーターミナルを出ると、お姉さん達がお出迎え(フェリーのスタッフは、ご年配が多いですw)。ホテル専用の無料バスを案内してくれます。クーポンやグッズも配っているので、貰っておきましょう(笑)

帰りの[タイパ・フェリーターミナル→香港国際空港]も便数が少ないので、日本で予約済みです。フライト時刻の185分以上前の便を予約するよう警告が表示されるので、ANA NH860 14:25の場合、10:15のフェリーを予約する事になります。

タイパ・フェリーターミナルのカウンターでは、飛行機の便名を告げチェックイン!乗船券や航空券も同時に発券され、スーツケースもここで預かってもらえます~羽田で受け取るまで荷物とはお別れ♪ただフェリーはファーストクラスでも、飛行機はエコノミークラスだったので(笑)、ビジネスクラスの場合に、スターアライアンスのプライオリティータグがちゃんと付くのかは不明です。乗り継ぎ扱いなので、香港の出国税返金の紙も渡されます。

香港国際空港のフェリーターミナル到着後は、通り道にあるカウンターで出国税を返金(HK$120)してもらい、その先のAPM(無人シャトル電車)で、第1ターミナルへ向かいます。着いたらモニターで出発便のゲート番号を確認しましょう!フェリーターミナルで発券した航空券には、ゲート番号が印刷されていませんでした。場合によってはらさらにAPMなどで空港内を移動する事になるのかも?

最後に手持ちの現金とクレカを合わせて、お土産を購入し、キャッシングしたHK$を全て使いきりました。カジノで一瞬だけ増えてたんだけど、う~ん(*´艸`)