香港で一番高いICCビルの102~118階にあるホテルが、「ザ・リッツ・カールトン香港(The Ritz-Carlton, Hong Kong)」です。今回はその“クラブ・デラックス・ビクトリアハーバールーム”に宿泊しました。

九龍駅から直結のショッピングモール「Elements(圓方)」を抜けると、リッツカールトン香港の車寄せロビーのある9階に到着します。内装はもう笑っちゃうぐらい豪華(笑)。似つかわしくないお洒落さに圧倒されつつも、荷物をポーターさんに預け、エレベーターで103階のチェックインカウンターへ向かいます。

チェックインカウンターでは、日本人の綺麗なスタッフさんに懇切丁寧に応対して頂きました。今回はクラブフロアの宿泊なので、更に上の116階クラブ・ラウンジに案内され、アフタヌーンティと“ケーキスタンド”のプチケーキなどを頂きながらのチェックインです(爆)

予約は“シービュールーム”だったのですが、部屋の準備を待たせたとの事で“ビクトリアハーバールーム(百万ドルの夜景側)”にアップグレードしてくださいました。非日常感で夢心地も束の間、デポジットの金額を聞いて目がシャキッ!一泊 HKD2000×3泊分。まぁデポジットですけどね(汗;)

ちなみにクラブフロアの特典は、24時間利用できるクラブラウンジ他!時間外も自由にドリンクが頂けます。2日目からは、ラウンジのスタッフに名前も覚えて頂いていており、なんだか恐縮してしまいます。※ちなみに入り口で部屋のカードキーをタッチしないとラウンジのドアが開きません。

  • 06:30~10:30 朝食
  • 11:30~14:00 軽い昼食
  • 15:00~17:00 アフタヌーンティ
  • 17:00~20:00 オードブルとカナッペ
  • 20:30~10:30 デザート
  • 専任のクラブ・コンシェルジュが応対
  • 九龍エリアのクラブカーの送迎サービス
  • プレスサービス

部屋のミニバー(有料)やホテル内のレストランを利用する必要はなさそうです。でもお部屋にある無料のネスプレッソだけ飲んだら、2日目から心遣いで増量してくれていました(笑)

部屋に入ると電動自動カーテンがオープン♪程なくウェルカム・スイーツのマカロンとフルーツが届きましす。流石5★(汗;)

お風呂チェック♪ 浴槽にはTVとシャワー。ジャグジーはないけど、岩塩っぽい入浴剤が置かれていました。アメニティも十分すぎます。さらに浴槽と別に用意されたガラス張りのシャワールームでは、天井にレインシャワーまでありました。シャワーの水圧も、ミムちゃんタケちゃん~VERY GOOD♪

館内にはスパやジム&プール、ギフトショップなどもあります。下まで降りればショッピングモールと九龍駅へ直結です。

チェックアウト後もフェリーターミナルまで、クラブカーで送ってもらえました。クラブカーはクラブフロアに1台しかないので、予約が必要です(九龍エリア 7:00~22:30)。

ビクトリアハーバールームから、香港100万ドルの夜景と“シンフォニーオブライツ”を上から見下ろせたのは、とても素晴らしい体験でした。ただし霧が発生すると、真っ白いだけの景色になっちゃいますけど(笑)

やっぱ良いホテルはスゲーな(汗;) あのレディー・ガガ様も泊まったというだけの事はあります。ちなみにマド●ナは「ザ・ペニンシュラ香港」に泊まったそうです。理由はヘリポートがあるからなんだって!?それでもコンサートは遅れたとかなんとか。。。(笑)