【エジプト旅行記 その10】エジプト考古学博物館 ツタンカーメン黄金のマスク

カイロのエジプト考古学博物館

エジプトツアー最終日の観光は、「ツタンカーメン黄金のマスク」をはじめ、収蔵点数20万点を誇る「エジプト考古学博物館」です。

↑ここから撮ると「オルセー美術館」っぽい。

「ツタンカーメン黄金の玉座」凄い!おいくら万円でしょうか?

雪花石膏(アラバスター)製の香油壺。両側に太った男の姿と女性の胸を持つナイルの神「ハピ神」がいます。

↓ツタンカーメンの父 「アメンホテプ4世」のお棺です。

↓柵のある部屋の中に「ツタンカーメン黄金のマスク」などが展示されています。中は撮影禁止でしたが、少しだけ映っちゃってる?

↓この「黄金の厨子」の中には、ツタンカーメンの内臓を入れた「カノプス壺」が収められていたそうです。なんか手を広げて守っている感じがします。

雪花石膏(アラバスター)製の「カノプス壺」。ツタンカーメンの内臓が入っていたものです。

ミイラにする際に、死体の腐敗を防ぐために内臓を取り除き、こうした壺に収めたんですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。