【ニューヨーク旅行記 その2】NYの美術館・博物館を巡る

メトロポリタン美術館

セントラルパーク側にある世界最大級の美術館、『メトロポリタン美術館(MET)』に行ってきました。

会館(10:00)が近くなると、建物左右の階段に、入場待機列が出来はじめます。

ニューヨーク・シティ・パス等を持っていれば、館内の自販機にQRコードを読み込ませて、直接チケットを発券できるので、お手軽でした。

普段ヨーロッパの絵画は2階にありますが、オランダ絵画の特別展『Dutch Masterpieces』を開催中の今は、フェルメールやレンブラントなどが地階に集まっているとの事。

予めその情報を得ていたので、開館後すぐに、一番奥の階段で地階へと向かいました。

約15分間は誰も地階に訪れて来なかったので、5枚のフェルメールを独占状態です♪

ヨハネス・フェルメール《リュートを調弦する女》。

有名ミュージシャンの楽器が展示された特別展『Play It Loud』は大人気!

ヴァン・ヘイレンや、ビートルズもありました。

豪邸風の内装に飾られた、エル・グレコ。

世界各国の幅広い美術品が集められたMET。日本エリアでは、伊藤若冲の《乗興舟》も。

ジョルジュ・ド・ラ・トゥール《女占い師》。ルーヴル美術館の《ダイヤのエースを持ついかさま師》 もそうですが、ラ・トゥールの駆け引き目線には、もの凄いゲーム性を感じます。

アンリ・ルソー《ライオンの食事》。

本当に沢山の作品が収蔵されているので、今回の旅程でじっくり鑑賞するのは無理があります。

泣く泣く切り上げて、他の美術館へと向かいました。

メトロポリタン美術館(MET)』 は、写真撮影が可能です。


ソロモン・R・グッゲンハイム美術館

螺旋状の建物が特徴的な『ソロモン・R・グッゲンハイム美術館』。『メトロポリタン美術館』からは、徒歩で向かいました。

近現代美術専門の美術館。最上階では、ジャン=ミシェル・バスキアの特別展『Basquiat’s “Defacement”: The Untold Story』を開催中で、20分待ちの行列が出来ていました。

森アーツセンターギャラリーの『バスキア展』も、日本の若者に人気です!

ミュージアム・ショップで、バスキアのサイズの合うTシャツが売り切れで、「洗濯すれば縮むわよ!」と大きなサイズを勧められました。買わなかったけど~(笑)

ソロモン・R・グッゲンハイム美術館』は、写真撮影が可能です。


ノイエ・ギャラリー

グッゲンハイムからメトロポリタンを通り過ぎ、徒歩で『ノイエ・ギャラリー』へ向かいます。

お目当ては、グスタフ・クリムトの《アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像 I》です。

ウィーンのベルベデーレ宮殿、オーストリアギャラリーにある《接吻》同様に、金ピカの絵画。中に浮かぶ肖像の表情に目を奪われてしまいます。

3階を改装中で、会館は2階のみ。その為か、入場料はドネーション(自由な金額を寄付)になっていました。$1でもOKなんでしょうが、正規料金の半額を伝えると「パーフェクト!」と言われてしまいました(笑)

ノイエ・ギャラリー』は、写真撮影不可です。


フリック・コレクション

ノイエ・ギャラリーから徒歩で、ヘンリー・クレイ・フリックの邸宅を改築した『フリック・コレクション』美術館へ向かいます。

主目的は、フェルメール《中断された音楽の稽古》《婦人と召使》《士官と笑う娘》の3点です。

中庭は広くて美しい。時間があれば、ゆっくりくつろぎたいところ。

短い時間ですが、優雅な雰囲気の美術館でフェルメール3点を堪能できました。

フリック・コレクション』は、写真撮影不可です。


アメリカ自然史博物館

最後に訪れたのは『アメリカ自然史博物館』。フリック・コレクションから、徒歩でセントラルパークを通り抜けて向かいました。

恐竜から、世界各地の民族や動物まで、さまざまな展示が揃っています。

かなり巨大な博物館なので、ゆっくり見るには時間も必要。今回は閉館時間も迫っていたので、かなりのスピードで流し見しました(笑)

小さな子供連れならマスト観光スポットですね。

映画『ナイトミュージアム』の舞台にもなった博物館、短い時間でしたが堪能しました。

アメリカ自然史博物館』 は、写真撮影が可能です。 次ページはギャラリー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。