【ニューヨーク旅行記 その3】飛行機で、忍者レフ787を試してみました!

忍者レフとは、レフ板(白側)と、反射防止板(黒側)の機能を備えた、折りたたみ式簡易レフ板です。

その、“ボーイング787の大きな窓”に対応したバージョンが、忍者レフ787です。今回、窓側席を確保できたので、試してみる事にしました(機材はB777-300ERですが)。

結論からいうと、、、

「完全ではないが、ある程度の効果は期待できます!」

↓サイズ感を分かりやすくする為に、白黒反転して窓枠に当てています。忍者レフ787なしだと映り込みは激しいのですが (写真左上)、、、

↓忍者レフ787を使用すると、かなり軽減されました。

ホテルの窓でも試してみました。↓室内の明かりがついたまま、カーテン越しに撮影。

↓室内の明かりを消して、忍者レフを使用して撮影。

エジプト旅行時の機内から見た空が、プラネタリウムのように綺麗だったのですが、反射で撮影できず悔しい思いをしました。

今回は残念ながら、その時ほどの星空ではありませんでしたが、なんとか撮れました。

軽くて折りたためばコンパクトなので、カメラバックにぶら下げて機内に持ち込むのは、苦になりません。旅行中はスーツケースの片隅に仕舞っていました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

よしみカメラ 忍者レフ 787 NINJYAREF787[NINJYAREF787]
価格:4935円(税込、送料別) (2019/10/14時点)


ただ撮影中、CAさんに「何ソレ凄い。初めて見ました!」と声をかけられたのは、ちょっと恥ずかしかったです(笑)


ニューヨーク旅行記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。