【エジプト旅行記 その6】エジプトの神殿&葬祭殿

エジプトで沢山の神殿や葬祭殿を見た際に、ガイドさんに“彫像”の見分け方について、ざっくりと教わりました。

  • 神の彫像は、顎髭が曲がっている。
  • 王(ファラオ)の彫像は、真っ直ぐの顎髭か、頭部に蛇型のウラエウスが付いている。
  • 生前のファラオ像は、左足を前に出し、指が壊れないよう印鑑のような物を握っている。
  • 死後のファラオ像は、胸を前に交差している。

他にも色々あるのかも知れないけれど、素人的には分かりやすなと思いました。

カルナック神殿

スフィンクスの参道から塔門を抜け進むと、大きな柱が連なる「大列柱室」があります。

その先には、2本のオベリスクが建っています。ハトシェプスト女王のオベリスクは、現存するオベリスクの中で、最も美しい物だそうです。

神殿の壁に、奉納した品数が刻まれています。日本の「奉納札」と似てますね。

倒れたオベリスク。刻まれたレリーフを間近で鑑賞できました。

糞を転がして作る球体が太陽に似ている事から、聖なる甲虫として崇拝された「スカラベ(糞転がし)」。この像の周りを三回廻ると願い事が叶うというので、お願いをしておきました。


ルクソール神殿

夕方から夜にかけて訪れた、カルナック神殿の副殿「ルクソール神殿」は、とても神秘的です。

ツタンカーメン王とアンケセナーメン王妃の像。肩に手を添えて、仲むつまじい感じなのですが、ラムセス2世によって名前を上書きされてしまいました。

↑ラムセス2世のオベリスク。ペアの一方はパリ・コンコルド広場にあります↓

パリ・コンコルド広場のオベリスクは、てっぺんが金色に装飾されていました。

左足を踏み出し、整然と並ぶファラオ像。一番奥のファラオ像が、最も状態が良かったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。