【福井・石川・岐阜 旅行記 その4】ひがし茶屋街 懐華楼/金沢21世紀美術館 金沢観光スポット

ひがし茶屋街 懐華楼

金沢ひがし茶屋街の中ほどにある、お茶屋建築『懐華楼(かいかろう)』。

夜は、一見さんお断りで、一客一亭のお座敷が上げられるお茶屋さんを、お昼は、金沢市指定保存建物として見学できるのです。

受付で見学料750円を支払って、朱塗りの階段を上ります。

踊り子が描かれた襖絵。

赤い絨毯が敷き詰められた広間。ここで、芸妓さんの舞を見たり、華やかな御座敷遊びを楽しめるのでしょうか?

芸妓さんの控え室として使われているようです。

最も驚いたのが、『金箔畳の茶室』。水引に金箔を巻き、その金の水引を畳のい草の代わりに使っているそうです。

お土産コーナーもあります。記念に、金箔入りの小瓶を買ってしまった(笑)

館内にある『懐華楼カフェ』で、抹茶や和菓子を楽しむこともできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。