【オランダ・オーストリア旅行記 3-4泊目】アンダーズ アムステルダム プリンセングラハト ハイアット/ルーム キングベッド カナルビュー

アムステルダムの特典航空券を取得後、真っ先に決めた宿泊先が『アンダーズ アムステルダム プリンセングラハト – ア コンセプト バイ ハイアット(Andaz Amsterdam Prinsengracht – a concept by Hyatt)』です。

マルセル・ワンダース氏の個性的なデザインによる、ハイアット・グループの★五ツ星ホテルで、内装はとても面白くて素敵♪

オランダ名産のデルフト陶器や、ハーリング(ニシン)をモチーフにした、カナルビューのお部屋。

ロビーには、チューリップを象ったチェアーもありました。

先日宿泊した『コンサバトリウム』は、ラグジュアリー感が凄かったけれど、『アンダーズ・アムステルダム』は、カジュアル感も加わった絶妙なスタイル♪

とはいえ、 ハイアットの★五ツ星ホテル。スタッフの対応はちゃんとしています。

庭には綺麗な藤のアーチ。

ホテルの彼方此方にある「元気ですかーっ!」の人形。

部屋の窓からは、運河のクルーズ船が見えました。

洗面台が部屋の真ん中にあって、お洒落♪

コーヒーマシンやミニバー(アルコール以外)は無料でした。

シャワールームは “マジックミラー” 方式。中から部屋が丸見えです (*^^*)

赤一色の地下の通路は、スパ・ルームへと続きます。

ガーデン奥にあるスイートルーム棟の廊下。

深夜のホテル前の運河は、とても綺麗でした。

食事も美味しかったです。特に、ハーブだらけのハーリング(ニシン)が最高でした♪

不思議な世界観に浸れたし、近所の雰囲気も良くて、とても楽しく過ごせました。

でも敢えて欠点を上げるとすれば、運河側だとやや外の音が聞こえてくる事(ガーデン側なら大丈夫かも知れません)と、トラム駅から距離が少し離れている事かな。

という事で、チェックアウト後にスキポール空港までタクシーを頼んだら、メルセデス・ベンツのVクラスが来ちゃいました。さすが五ツ星(汗)

チップ込みで€60。でも乗り心地はよかったよーーーーっ (^^;)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。