【オランダ・オーストリア旅行記 3日目 #2】世界三大絵画 レンブラント《夜警》アムステルダム国立美術館 Rijksmuseum

いよいよやってきました『アムステルダム国立美術館』。世界三大絵画の一つ、レンブラント・ファン・レインの《夜警》を収蔵する美術館です。

ちなみに世界三大絵画とされているのは、下の4つ(?)だそうです。

  • 《ラス・メニーナス》ディエゴ・ベラスケス/プラド美術館
  • 《夜警》レンブラント・ファン・レイン/アムステルダム国立美術館
  • 《オルガス伯爵の埋葬》エル・グレコ/サント・トメ教会
  • 《モナ・リザ》レオナルド・ダ・ヴィンチ/ルーヴル美術館

裏側(?)から見ると、自転車が通り抜けるのどかな雰囲気も感じられますが、アムステルダムの最も有名な美術館だけあって、中は沢山の観光客でごった返していました。

チケット売り場も長蛇の列でしたが、オランダ・パスの【GOLD】を使えば、売り場の優先レーンでチケットと交換し、すぐに入場できます。

内部構造を理解しないまま、暫くさまよい歩くと、ゴッホの自画像を発見!

やがて大きな扉のある広間に到着。中に入ると。。。

遠くに、人集りが見える!

これは、もしかして、、、

紛れもなく、レンブラントの《夜警》!

最前列で見上げると流石に大きい、縦3.63m×横4.37m!まわりも集団肖像画に囲まれています。

実はこの絵画は昼の情景を描いたもので、長い年月で表面が茶色く変色したことによる誤解で、通称《夜警》と名付けられた。正式名は《フランス・バニング・コック隊長とウィレム・ファン・ライテンブルフ副隊長の市民隊》だそうです。

正面に見えた《夜警》に、一直線に向かっていった後に、他にも大切な絵画をスルーしてしまっていた事に気付きました。

後戻りし左右のパーティションの中を覗くと、大好きなフェルメールの絵画が沢山展示してありました。

フェルメール《手紙を読む女》

フェルメール《小路》

フェルメール《牛乳を注ぐ女》

東京のフェルメール展から無事帰還してましたね♪

『NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S』で、牛乳をアップ!ひび割れた質感が素晴らしい♪

さらに先に進むと、巨大な図書館!

夜はお化けが出そうですね。

外に出ると、パフォーマーが、クオリティの高い銅像に扮していました。

他にも素晴らしい作品の数々で、紹介しきれないほどです。時間がいくらあっても足りませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。