【オランダ・オーストリア旅行記 6日目 #2】ホーフブルク宮殿/オーストリア国立図書館/分離派会館

オーストリア国立図書館(プルンクザール)

世界で最も美しい図書館といわれている『オーストリア国立図書館』は、ホーフブルク宮殿内にあります。

約20万冊にも及ぶ書籍。夜になると、何か出てきそうな雰囲気です。

中央にバロック様式のホール。カール6世像が勇ましい姿で建っています! 天井のクーポラに描かれた、ダニエル・グランのフレスコ画も、とても豪華です。

ウィーンに来たら訪れたい、マストスポットですね!


ホーフブルク宮殿

ハプスブルク家の王宮だった『ホーフブルク宮殿』。『シェーンブルン宮殿』が夏の離宮で、こちらは冬の主皇宮だったそう。

王宮で使われた沢山の食器が飾られていました。

フランツ・ヨーゼフ皇帝の部屋『カイザーアパートメント』や、エリザベート皇妃の 『シシィ・ミュージアム』は撮影禁止でしたが、素晴らしい展示物と豪華な居住空間は必見です。


分離派会館(セセッシオン)

クリムトや若手芸術家や建築家によって結成された分離派(セセッシオン)の活動拠点として建設された『分離派会館』。

クリムトの全長34メートルを超える壁画《ベートーヴェン・フリーズ》。

上野の東京都美術館『クリムト展 ウィーンと日本 1900』で、 原寸大複製が展示されていました。

ベートーヴェンの交響曲第9番を合唱する天使の側にも《接吻》が。

上野にあったミニチュアもありました。

正面玄関です。

1階には現代アートが並んでいました。


Hop on Hop off – Bus

乗り降り自由の定期観光バス『ホップオン・ホップオフ』。ルートごとに色分けされ、ウィーンの代表的な名所を効率よく巡回しています。

今回は、観光バス乗車券も含まれる 『ウィーン・パス(VIENNA PASS)』を利用しました。金額的には高いけど、『美術史美術館』など、主要な観光名所への優先入場を考慮しました。

『Hop on Hop off』は、2階建てバスなので、景色も楽しめます。イヤホンで日本語の音声ガイドも楽しめます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。