【オランダ・オーストリア旅行記 2日目 #3】フェルメール 真珠の耳飾りの少女/デルフトの眺望 マウリッツハイス美術館

マウリッツハイス美術館

フェルメールの代表作《真珠の耳飾りの少女》のある『マウリッツハイス美術館』へ行ってきました。

ホテルから徒歩で、『ビネンホフ』の中庭を通り抜け、国会議事堂である『騎士の館』の先に、『マウリッツハイス美術館』があります。

オランダ古典様式建築の外観と異なり、近代的な階段が 地下へと続きます。

チケット売り場で『オランダ・パス』の[GOLD]で、チケットを受け取り入館します。

階段を登ると、真っ赤な壁に飾られた絵画に囲まれ、圧倒されます。

青を基調とした美しい内装の部屋の壁にも、数々の名作が飾られています。

そしていよいよフェルメールのある部屋へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。