【エジプト旅行記 その2】ターキッシュ エアラインズ ビジネスクラス搭乗記

ターキッシュ エアラインズ エアバスA330-300 (成田~イスタンブール)

ビジネスクラスのシートは2-2-2配列で、前の席まで193cmもあります。とにかく、めっちゃ広いです。スタッガードシートではないので、開放感があり、余計に広く見えるのかも知れません。セパレーターを伸ばせば、プライベート感も増します。

往路と復路でシートの形状が異なっていました。旧型はモニターサイズが若干小さく、真ん中に物入れがありました。

電動のフルフラットシートには、マッサージ機能も付いています。CAさんが、その場でベッドメイキングをしてくれるシステムに、ちょっと感動!

新型のリモコンは、まるでゲーム機のような形状です。 DENONのノイズキャンセリングヘッドホンは特殊な3本プラグなので、他のプラグ用途には使えませんでした。

機内食は2回。空飛ぶシェフが振る舞う料理は、とても美味しいので、ついつい食べ過ぎてしまいます。乗り換え便でも食事が出たので、 途中でギブアップしました(笑)

アメニティグッズも、往路復路で違うポーチでした。「Christian Lacroix voyage」と「MOLTON BROWN LONDON」。ブランドをよく知らないので、なんとも言えません 。内容はどちらもほぼ同じ。靴下、アイマスク、耳栓、靴ベラ、クシ、歯磨き。化粧品だけが異なり、各ブランド物でした。


ターキッシュ エアラインズ エアバスA321-200 (イスタンブール~カイロ)

ANA国内線のプレミアムクラスのようなシート。電動ではありません。こちらも、往路と復路で装備がやや異なっていました 。ヘッドフォンはPHILIPS製で、リモコンは新旧共に小型。モニターもありましたが、タブレットを貸し出してくれました。


エジプト航空 エンブラエル170 (カイロ~ルクソール/アスワン~カイロ)

エジプト国内線で、日本では乗る機会の少ない「エンブラエル170」にも乗りました。