【スペイン旅行記 その4】《世界遺産》古都トレド エル・グレコ《オルガス伯爵の埋葬》

「もし1日しかスペインに居られないのなら、迷わずトレドへ行け!」と言われるほど人気の観光地、古都トレドに1泊しました。

エル・グレコが描いた《トレド景観と地図》にも、今とほとんど変わらない詳細な地図が描かれています。

古都トレドの象徴で、最も高い丘に建つ『アルカサル』。今は軍事博物館になっています。

トレドの街は夜も賑やか。小さな路地にお店が並び、雰囲気は「ベネチア」っぽい。

夜8時頃からオープンする『BAR(バル)』をハシゴして楽しむのもありです!

「Hola(オラ)」と挨拶して店に入り、空いてる席に座り、メニューを指差して「Esto 1 por favor(エスト・ウノ・ポル・ファボール)」で注文。。。できた(笑)

イベリコ豚やムール貝や色々、めっちゃ美味しかったーーーっ♪


トレド大聖堂(カテドラル)

小さなトレドの街に建つ、ゴシック様式の大聖堂。中はとても素敵です。

主祭壇の裏には、この大聖堂の見所「トランスパレンテ」。祭壇上部の天井の明かりとりから光が注ぎ込みます。

ステンドグラスから差し込む光も綺麗でした。


サント・トメ教会

世界三大絵画の一つ《オルガス伯爵の埋葬》がある小さな教会。内部は撮影禁止です。

そこから少し下ると、エル・グレコ美術館があります。館内は撮影可能です。

エル・グレコの家を再現した美術館で《トレド景観と地図》も、ここにあります。


サンタクルス美術館

十字型の静かな美術館、こちらにもエル・グレコの作品があります。

次ページはギャラリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。