直島内は、ベネッセハウス宿泊者専用バスにて移動しました。帰りのフェリーの時間から逆算し、効率よく廻れるように、時刻表とにらめっこ(笑)

【ベネッセハウス・パーク】ベネッセハウス・ミュージアム(8:30)→ベネッセハウス・パーク(8:33)
【ベネッセハウス・ミュージアム】ベネッセハウス・パーク(9:17)→ベネッセハウス・ミュージアム(9:20)
【地中美術館】ベネッセハウス・ミュージアム(10:20)→地中美術館(10:24)
【家プロジェクト】地中美術館(12:15)→本村・農協前(12:27)
【宮浦港】本村・農協前(13:35)→宮浦港(13:40)
【四国汽船 520円】宮浦港(14:20)→高松港(15:20)

ベネッセハウス・パークには、沢山の作品が野外展示してあり、草間彌生《南瓜》や、京王多摩センターのベネッセコーポレーションにもある、ニキ・ド・サンファールの作品が多く並んでいました。

地中美術館にはクロード・モネの《睡蓮》を展示するコーナーがあります。壁こそ曲線ではありませんが、オランジュリー美術館を意識したようにぐるりと取り囲まれ、自然光のみでモネの絵画5点を観賞することができます。

あと豊島美術館と同じく、かなり面食らったのが、光そのものをアートとして提示するジェームズ・タレルの作品。その場に立ち、実際に見て感じることで初めて成立します。光の中へ導かれ、騙され、疑心から解放される瞬間こそがアートなのでしょう。

チケットセンターから地中美術館の入口までは徒歩で5分程。その途中に作られた睡蓮の池や、沿道に咲く色とりどりの花々が、ジヴェルニーのモネの家と庭園を思い出させてくれました。

家プロジェクトは古い家屋を改修し、アーティストが家の空間そのものを作品化するアートプロジェクト。『共通チケット(きんざを除く)1030円』は、本村港近くの農協の隣にある、本村ラウンジ&アーカイブで購入できます。

その中でも『南寺』は特筆に値します。闇に包まれた空間で、雑念を振り払って集中すると見えてくるものとは・・・? 禅と庭のミュージアム 神勝寺にも通じるものがありますよ。 少し時間がかかるので、時間的余裕のある状態で見学されることをオススメします。

宮浦港にたどり着くと真っ先に向かったのが、徒歩3分の直島銭湯「I🖤湯」。実際に入浴できる美術施設です。

フェリーの時間もあるので、入湯料650円のチケットを券売機で買い、フリフリチーン・パォーンと烏の行水。銭湯の中は、アーティスト・大竹伸朗さんによる作品の異世界です。スーパー銭湯好きの自分でも、こんな銭湯は他に見た事ありません(笑)

銭湯から出ると、宮浦港のフェリー乗り場側にある、草間彌生さんの赤い『南瓜』。中に入る事もできるので、たくさんの人たちが記念撮影していました。

帰りのフェリーは大型で甲板も広々。室内は冷房が効いて超快適でしたー。

『Nikon D5』で撮影。

瀬戸内アートの島~裏ルート豊島編

大塚国際美術館 The Otsuka Museum of Art に行ってきました