Grab(グラブ)とは“配車アプリ”の事で、タクシーや一般人(白タク)をブッキングできるアプリです。あらかじめ料金が表示されるので、ぼったくられる心配がありません(笑)。最近、東南アジアで急速に普及しているそうです。

日本では使えないので、現地でぶっつけ本番になりました。メニューは英語なのですが、UIが簡素なので、非常に判りやすいです。先ずは自分の居場所(Meet me at…)がGPSで表示され、修正の必要がなければ、そのまま行き先(I’m going to…)を入力します。

次に車の種類を選びます。一般人の自家用車(GrabCar)か、タクシー(GrabTaxi)。グレードもプレミアム(GrabCar Premium)や、ミニバン(GrabCar 6-seater)など。シェア(GrabShare)もありました。金額もそれぞれ表示されます。またJustGrabを選ぶと、GrabCarかGrabTaxiの区別なく近くの車が配車されます。タイミングによって値段も変動するっぽい!?

後は「Book」を押すだけ!オンラインゲームのマッチングのような感じで、暫くするとドライバーが見つかります。超簡単♪

ブッキングした車は、残り時間と共に、リアルタイムでマップ上に表示されます。ナンバーや車種、色も判るので、目の前に現れた時に見つけやすいです。また、ドライバーは既に行き先を知っているので、挨拶程度を交わすだけ。言葉の壁も大丈夫です♪

目的地に到着したら、予めGrabPayに登録しておいたクレジットカードで自動的に決済されるので、スキミングの心配もありません(日本で登録しようとしたからか、PCのWebサイトでしか登録出来なかったけど)。降車後すぐに、メールで領収書が届きます。

外国で知らない一般人の車に乗るなんて、最初はとても不安でしたが、Grabカーの動きはGPSで本部に管理されているし、乗車後に★の数でドライバーを評価できるので、下手な事はしにくい、良くできたシステムだと思いました。

高齢化社会の日本にもGrabがあれば、お年寄りの日々の足になって良いのになぁ~でも日本じゃ絶対無理だろうな(´・ω・`)

ちなみにGrabだけじゃなく、他の交通機関も乗ってみました。

■エアポートタクシー
深夜便で到着後に、チケットカウンターで前払いのチケットを買って乗車。スーツケースの数で値段が変わるかも?ホテル直行は有り難いけど、プレミア+深夜割り増しで150%、RM175もした(Grabにすれば良かった)

■KLIAエクスプレス
帰りはKLセントラル駅からエアポートライナーに乗ってみました。30分ぐらいで、RM55。

■KLモノレール
券売機で行き先を選び、コイン式ICチップ?を買って乗車します。

■KTMコミューター
同じくコイン式ICチップ?を買います。バトゥ洞窟からの帰りに乗ってみました。