今回はクアラルンプール直行の深夜便に搭乗しました。SFC修行の目的の一つが“ビジネスクラス以上のシート”に乗る事。たまたまバーゲンプライスのビジネスクラスを見つけたので、SFC修行プレミアムポイント的には、プレミアム・エコノミーよりも少ない(積算率70%のPクラス)ビジネスを選択しました。中距離便ですが、機材はB787-9のフルフラットシートです。

搭乗してすぐに気づいたのは、フランス旅行の時にあった、アメニティグッズのポーチがなく、小さな巾着袋が置いてあること。写真の左側が今回の巾着袋。右側がフランス便でもらったポーチです。右のポーチは、欧米行きの長距離飛行特典だったようです。ブランド物の化粧品も無いので、女性の乗客にとって、この差は大きいかも知れません orz

また、ヘッドフォンにも格差が。。。フランス便ではSONYのノイズキャンセリング機能付きヘッドフォンでしたが、今回はPanasonicのノーマルなヘッドフォンです。機内の音を気にする人にとっては、この差も大きいかも?

さて、所要時間は約6時間。羽田空港を出発すると、飲み物とナッツなどが提供され、その後ほどなく消灯モード。そして、あっという間に機内の『朝』が訪れます。

写真の上段3枚が深夜便の朝食。中段と下段が帰国する時の夕食です。深夜便は食事に関しても色々と残念な点がありました。ビジネスクラスと一口に言っても格差があるのですね。

ANAはスターアライアンスだけど、帰りのラウンジは、ワンワールドの『マレーシア航空ゴールデンラウンジ』を利用する事ができました。とても広くて快適でした。

現地到着直後から元気に動き回れるし、フルフラットシートの恩恵は計り知れないのですが、アメニティやヘッドフォンに、微妙な格差を付ける必要ってあるのかな(笑)

【イタリア旅行記 その3】ANAプレミアムエコノミーの乗り心地 B787-9/B777-300ER

【フランス・パリ旅行記 その2】ANAビジネスクラス B787-9 フルフラットシート編