【スペイン旅行記 その2】世界三大絵画をコンプリート!プラド美術館/サント・トメ教会

世界三大絵画とは?

今回の旅行の最大の目的は“世界三大絵画”をコンプリートする事!

なぜか三大絵画なのに四つありますが、《ラス・メニーナス》がマストで、それ以外の2点の組み合わせは諸説あるとか。

今回のスペイン旅行はツアー参加。《ラス・メニーナス》と《オルガス伯爵の埋葬》を鑑賞し、世界三大絵画のコンプリートを目指します!

また『《ゲルニカ》ピカソ』や、自由時間でフランス国境付近の『ダリ劇場美術館』も訪れようと企てました。


プラド美術館 – マドリード

世界三大絵画の頂点《ラス・メニーナス》を収蔵する『プラド美術館』。

《ラス・メニーナス》は、想像よりも大きく感じました。

展示室は、残念ながら撮影禁止ですが、ベラスケスの《ラス・メニーナス》を筆頭に、名画の数々を鑑賞できました。

ただ、同じくらい楽しみにしていた、ボスの《快楽の園》の展示がなく、非常に残念。

何時の日かリベンジしたいな。


サント・トメ教会 – トレド

エル・グレコが暮らした街の小さな教会に残した《オルガス伯爵の埋葬》。こちらも残念ながら撮影禁止ですが、間近で見る迫力は凄かったです。ついに“世界三大絵画”をコンプリートしました!

今回のツアーは、トレドの街に宿泊するので、《オルガス伯爵の埋葬》以外にも『エル・グレコ美術館』などを訪れる事ができました。トレドの街は別記事で紹介します。


ソフィア王妃芸術センター – マドリード

“世界三大絵画”ではありませんが、ピカソの《ゲルニカ》も、生で見たかった作品です!

作品の性質上、今でもピカソの《ゲルニカ》を破壊しようと考える人々もいるらしく、作品のあるエリアは撮影禁止となっていますが、『ソフィア王妃芸術センター』の他の展示室は撮影できます。

トレドの街で売ってた《ゲルニカ》っぽいパーカーを気に入って購入しましたw 15€


ダリ劇場美術館 – フィゲレス

バルセロナの自由時間で、『ダリ劇場美術館』を観に、フランス国境付近の町フィゲラスまで足を延ばしました。

こちらも見応え十分だったので、別記事で紹介します♪

『Nikon Z6 & Xperia 1』で撮影。